|建築場所:湯梨浜町 
|家族構成:祖母+夫婦+子供2人
|完  成:2014年4月
|スタイル:Basic
  
四方を道に囲まれた土地に、敷地境界線いっぱいに建っていた既存のお住まい。
長い間大切に住まわれてきましたが、
「子供たちも大きくなり手狭に、おばあちゃんの年齢も考えると危険や不便もある、そろそろ新しくしようか・・・」
でも、
“新築するなら、新しい法律に合わせないといけないため、敷地の大半が道路とみなされ
建物を立ててもいい部分として残る敷地が、かなり小さくなってしまう” 
と、どこかでお聞きになられたそうです。
「だから別の土地を探さないと・・・。」

そんなお悩みを抱えられ、やってこられた見学会。 翌日から敷地調査を開始し、ご提案をさせて頂きました。
結局、四方の道のうち、建築基準法が適用される道路は二つ。道路としてみなされる部分(建築不可の部分)も少なくてすみました。
そして、その敷地に可能な限り大きな面積で、新しく広々としたお家を建てられました。
純和風の立派な仏間、シンプルで快適なキッチン、魚もさばける土間の流し台、収納たっぷりの光あふれる玄関、
おばあちゃんに嬉しい明るくて広いトイレなど。

新しい暮らしが始まりました。これまでと同じ、窓から見える景色と共に。
住み慣れた場所は、不思議と元気が湧いてくるものですね。
■敷地面積:153.09㎡(46.39坪) ■建築面積:95.00㎡(28.79坪) ■延床面積:170.50㎡(51.67坪)

生まれ変わる伝統の暮らし