次のリフォーム物件を見る>>

こちらのカフェはLatte(ラテ) といいます

Latteさんのブログはこちら↓
http://latteblog.exblog.jp/

洗面室とトイレの間仕切りを取り明るく開放感のあるお手洗いができました。壁はカフェのオーナーさんが、ご自分たちで塗りました。床は優しい色のタイルを張りました。(床は職人さんが)

休憩室から廊下をはさんで、洗面室を見ています。その左のドアはトイレです。

奥に見える窓はそのまま残しました。
スッキリとした明るいキッチンが出来ました。

住宅兼用の店舗だったため、店舗の奥には畳の休憩室と流しがありました。
ここも店舗に取り込むことにし、広さを確保。
キッチン(厨房)にすることにしました。


そのおかげで、開放的なオープンキッチンが出来上がりました。おいしい香りが漂ってきそうです。
左側の扉はトイレ、奥の扉はスタッフルームです。

この間仕切りは、オープンキッチンのカウンターを作るために解体しました。真ん中に見えている柱は、邪魔にならないように、構造補強をして1mほど移動しました。

自動ドアを取り外し白い扉が付きました。
ソファに座ったお客様とエントランスを通るお客様との間にワンクッション欲しい・・・でも、視線を遮りたくない、という事で、クロスを吊るす事に。

こちらにも自動ドアがありました。ナチュラルな雰囲気のお店にしたいという事だったので、自動ドアは撤去。そして、同線計画の末、ここをカフェの入口にすることにしました。

大開口を活かしカウンター席に。サイドは残し中央部分には耐震壁を設けました。
カウンター席の奥にはテラスを設け、外を歩く人のの視線を気にすることなく、お茶と緑が楽しめます。
天井も高くなり、以前よりも広く感じるようになりました。

 

薬屋さんが撤退され、雑然とした内観。店舗だったため開口部がとても大きく、日当たりもいい。これを利用したいと思いました。
大開口の中央には自動ドア。内部空間の柱がほとんど除かれていたので耐震性に不安がありました。